読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEPORT

人生に良い悪いはない。来た道進む先が違うだけ。英語とロックが僕の人生

がんばれ受験生!真っ二つに折れたパカパカは今も僕の胸の中に

はてなブログ はてなブログ-今週のお題

f:id:ayame253:20170316185114j:plain

ワン切り

アホほど長いアンテナ

着メロ


白いワイシャツ

青い海

黒い砂浜


そして


青い青春

僕は高校生だった

今週のお題 特別お題「おもいでのケータイ」

0. プロローグ

高校3年の春に持っていたパカパカ


この携帯が僕のおもいでのケータイです


パカパカってこんな携帯です


f:id:ayame253:20170313115700j:plain




開けたり閉じたりするときパカパカ言うからパカパカ


パカパカ


そうみんながパカパカが好きだった


f:id:ayame253:20170314180311j:plain


パカパカしなくなった


「こんなもんこうしてやるよ」バキッ ぽいっ


f:id:ayame253:20170313120516j:plain

高3の春


僕は携帯を失った


でもこの経験は僕に大切なことを教えてくれました


初めてのお題はそんな話


1. 勉強に携帯は必要ない

f:id:ayame253:20170316145704j:plain


バキッとしたのはおとん

部活と携帯遊びばかりで

「やるよやるよ詐欺」をしていたらぼくに人誅が下ったのです

さらに

「お前にやる飲食費はない!水道水でも飲んでろ!」とオヤジデラックスは怒り心頭で、、

その後某予備校にて模擬テストを受験

英語のテスト結果は

70点

一緒に来ていたおかん、ぼく、そして予備校スタッフ

「あんた7割も取れるやん!」

青ざめるぼく、引くスタッフ

「いやおかん・・・これ200点満点やから」

地元ではそれなりの進学高校だったという意識もあったのだろう

その前の週に携帯真っ二つ事件の現場にいた辛さもあったのだろう

おかんはその場で悲しそうに泣いた

スタッフは僕らへこう言いました

「まあ。。。大学ならどこでもありますし、お母さん」

いやそうじゃねえだろ・・・

ふざけんなこのくそ女・・・

改めて自分の状況を客観視してみた

散々勉強をさぼって

家では携帯ゲームで遊んで

あげくに携帯を折られ父親に見放され

なんとかしようと予備校につれてきた母親を見知らぬ20代の女の前で泣かせて

俺はクソ野郎だ・・・・・・・・・・・

絶対現役で合格してやるよ・・・

このクソ女よりは絶対良い大学行ってやるよ!!!!!!

それ以来僕は部活の練習が終わると自転車で30分全速力でこいで予備校の授業へ行き

偏差値40から勉強をスタートしました

今思っても携帯がない、ということを不便に思うことも

遊ぶことが頭をよぎることもなく勉強に集中していたと思います

もし携帯が傍にあったら意志の弱い僕は中途半端な覚悟のまま受験勉強をしていたかもしれません

結果、僕は某東京六大学へ現役で合格しました

僕は「入学金の捨て金」が無い受験をしていたため無駄金を親に支払わせることはありませんでした

携帯で遊び呆けていた過去の自分のささやかな罪滅ぼしでした

おとんもおかんも泣いて志望校の合格を喜んでくれました

しかし思い起こせば全ては

あのパカパカ真っ二つ事件から始まった受験勉強でした

今思えばパカパカと別れたことが僕の人生を変えたと言っていいと思います

2. そして学校に伝説を創った

f:id:ayame253:20170316145651j:plain

赤点の数で昼メシを賭けていた落ちこぼれ生徒が

みるみるうちに偏差値40から最高で70近くまで上げて現役で大学へ進学した

これはある種の事件でした

「え、、、あいつむっちゃあほやったやん」

口も聞いたことのないギャルメイクの同級生にも

「ねーねー君guriguraだよねー?
超頭良くなったみたいじゃん、どうやんのー?」※受験まであと1ヶ月

と声をかけられるようになった

残念がら浪人をした同級生は少なくなかった

僕は父親に携帯をバキッと破壊されたなんて恥ずかしくて言えなかったので

「1年間勉強に集中するために携帯を解約したんだ」

というとんでもないキラキラエピソードで1年間通していた

その話が拡散していき”携帯を解約してまで受験に懸けた男”という伝説に発展した

そしてその後、僕が桜咲く武道館で入学式に出席している頃

「よし・・・俺も浪人生活は本気でやるぞ・・・」と決意した友人たちが

次々と携帯を解約するという怪現象が予備校で起こったことはもう昔のことだ

3. 受験生へ。携帯を封印し全エネルギーを参考書に注げ

f:id:ayame253:20170316145625j:plain

世の高校生はこんなはてなブログを読んでいないだろうけども

ささやかな応援とメッセージを贈りたいと思います

ぜひ携帯と1年

たった1年間だけお別れしてみてはどうだろうか

いや、別れるべきだ

きっと君が本来持つ潜在的な学習能力はより研ぎ澄まされ

そしてその覚悟は偏差値や点数のアップという形できっと戻ってくる

加えて言うことがあるとすれば

携帯を失っても友情は一切無くならない

何ならあのキラキラエピソードを丸パクしたって構わない

本気になった人間を笑うやつは友達ではないし

きっとみなさんの友人はそんなあなたの覚悟を応援してくれるはずです

新3年生になる高校生のみなさん!受験がんばってください!

来春から大学生になる皆さん!酔っ払って携帯落とすなよ!割れるぞ!


携帯は真っ二つだし解約してるし

お題に申し訳ないがこれが僕のおもいでのケータイ、

おもいでのパカパカです

最後まで読んで頂いてありがとうございました! by 予備校の生徒番号が携帯の暗証番号のguriguraより

sponsored by KDDI

広告を非表示にする