読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEPORT

人生に良い悪いはない。来た道進む先が違うだけ。英語とロックが僕の人生

【解答解説】IELTS10 TEST2 Reading(リーディング)Part2

IELTS IELTS-IELTS公式問題集解説

Reading Passage 2

Gifted children and learning

f:id:ayame253:20170216125502j:plain

Q14-17 Matching Paragraph Information

Q14 A

家庭環境について述べている箇所を探すと
段落Aの中段に
「The higher the children’s IQ scores, ・・・,
measured in terms of reported verbal interactions with parents,
number of books and activities in their home etc.」
と具体的な自宅での環境が述べられてるのでこれが回答です

なおこの1文前のFreemanの考えに関する描写(For example~provisionまで)は
回答を導き出す部分として適切ではないです

理由はこの文章はあくまで「子供のIQ」の話をしているだけで
Q14で問われているthe gifted childのことは言及していないからです

一方、先程あげた文中にはThe higher the children’s IQ socresと述べられています

Q15 D

今回のこのQ14-17の問題で1つのポイントは
「Gifted children」のことを聞かれているか
それとも全体の子供のことを聞かれているかに気づくことです

そしてこのQ15はlearners、つまり前者ではありません

そこを意識しつつ且つ問題文と同じ表現を探すと
「too much」が段落Dの4文目にあります

「Too much dependence on the teacher risks loss of autonomy and motivation to discover.」

guidance (指導)≒ dependence (依存)

ということで回答はD

Q16 F

キーワードはanxiety(不安)です

IELTSでは全てのテスト(L/R/W/S)で回答を導き出すために
Synonym(同義語)かなり重要です

そしてここでもanxietyと出てきた瞬間に
nervousが出てくるのかな
fearが出てくるのかな
と考えられると自ずとまず時間が短縮され、結果的に点数のアップに繋がります

そして実際に段落Fに「Fear」が出てきます

3文目「Fear, for example, can limit the development of curisity, ・・・」

ここが回答です

Q17 D

これは難しかったです

ここのキーワードはsocially-disadvantaged childrenです

この「社会的に不利」が「貧しい」を意図していると理解することが第一歩です

しかし今回本文中では「Poor」や「in poverty (need)」などは出てきません

その代わりに段落Dの最後に「from deprived areas」という表現があります

deprivedは直訳は奪われたですがそこから派生して
「貧しい、恵まれない」という形容詞として使われます

これが回答につながってDとなります

最後に、他の問題でもよくある通り、NBとして
you may use any letter more than once.(同じものを何回選んでも良い)
と指定されていますので問題回答中に迷うことのないように
問題に書かれているものは全てチェックして下さい

Q18-22 Matching Features

Q18 B

Shore and Kanevskyについての情報は段落C中段にあります
それはすぐ分かると思います。ここで大事なのは「:」、コロンです

コロンの最も一般的な用法は「詳述」です
つまりコロンを挟んで後文が前文を具体的に説明しています

今回も同様にコロン以降でこう書かれています
「If they merely make fewer errors, then we can shorten the practice.」

問題文のaccurate workとはfewer errors、エラーが少ないということ
同様にless timeはshortenのsynonymでした

Q19 D

Simontonが登場するのは段落Eです

段落Eは短い割に三人の引用があるのでわかりにくいですね・・
実際僕は最初「C」を選びました
理由はreach ≒ achieve だと思ったからです

ですがここのキーワードは「Self-reriance」です。自立ですね

そしてこの自立について述べているのはSimontonだけです

具体的には段落E中段に「characteristic such as independence」とあります
independenceは言うまでもなく「独立、自立」の意味の名詞です

ということで答えはDです

Q20 E

キーワードは「feelings」、感情です
感情といえば「emotion」ですよね

さらに今回先に解いたQ14-17でも「不安」という感情が出てきましたよね

そして段落EにはBoekaertsの引用しかありませんし
「Emotion」が使われています

答えはEです

Q21 A

キーワードは「support from close relatives」
近しい身内からのサポートです

これも先に解いた問題で出てきましたね
段落Aの家庭環境ですね

そしてここにFreemanの引用があります

答えはAです

Q22 C

キーワードは「a considerate amount about their subject」です

「considerate」のsynonymが段落EのElshoutの描写の中にあります
「a great deal」です

また「subject」、テーマ・科目ですがここも
「a specific domain」、直訳すると”特定の領域”が該当します

ということで答えはCです

Q22-26 Sentence Completion

Q23 books / activities

「home」=自宅(家庭環境)の話とIQの関係性(relationship)について書かれているのは段落Aです

そして並列で記載されている利用可能なものは

「本」と「アクティビティ」の2つです。これが回答です

Q24 internal regulation

先だって申し上げているとおり、今回の問題の1つのポイントは

「Gifted children」のことを聞かれているかそうではないか

に気づくことです。そしてQ24は「Children of average ability」、

つまり一般的な能力を持つ子どもたちです

そしてそのような子どもたちの言及は多くありません
段落B中段に「average-ability」という記載があり、この近くを読み込むと

「teachers often compensates for lack of internal regulation」とあります

つまり平均的な子どもたちは内的規制が不足している、ということでこれが回答です

Q25 emotional awareness

Q24から立て続けに回答ができますね

Metacognition(メタ認知)※こんなもの誰もわからない※

この単語が出てくるのは本文中で2回だけ

そして2回目にこう記述されています

「Emotional awareness is also part of metacognition,・・・」

このEmotional awarenessが回答です

Q26 spoon-feeding

キーワードは「impressive grades in class tests」です

impressive gradesなんて取ってみたいよなぁ・・・

この”素晴らしいテストの成績”という言葉を頭に入れて本文を読むと

段落Dの3分目にこのような記述があります

「Although ‘spoon-feeding’ can produce extremely high examination results, ・・・」

”非常に高い試験結果”これは問題文のキーワードと同義語ですね

ということで「spoon-feeding」が回答です

なおこのようにハイフンでつながっている語句は1語としてカウントされますので覚えておいて下さい

考察とアドバイス

このPassage2はマッチングが多く、本文全体を読まないと簡単には解けない問題でした

英語学校では「Scanning(スキャニング)」を教えられると思います
いわゆるキーワードを探す方法ですね

僕はこれが良い方法だとは全く思いません

どうしても「えっこれってどういう経緯でこうなったの?」ということが気になってしまします

スキャニングのようなテクニックに頼るよりも

単語力強化(読める単語を増やして読むスピードを早くする)の方が効率的です

最後にアドバイスですが

今回は問題タイプどちらもマッチングでした

スキャニングはおすすめしませんが問題文を読んで

「何がキーワードか」を頭に入れていくことは超大事です

全部覚えなくていいですが

「あれ、これ問題で聞かれてなかったっけ?」

と気づくことが時間短縮に繋がります

そのためリーディングでは特に問題文の先読み
これは必ずしてください。そしてアンダーラインでも囲いでもいいので

手と目と脳で記憶するように努めて下さい

以上で考察とアドバイス、そしてPassage2を終わります

navygrapewalk.hatenablog.jp

navygrapewalk.hatenablog.jp

広告を非表示にする